Smart Custom Fields

手軽にカスタムフィールドを導入できるプラグイン「Smart Custom Fields」の使い方など。

導入方法

プラグインの新規追加から「Smart Custom Fields」を検索するか、下記URLよりダウンロードします。
https://ja.wordpress.org/plugins/smart-custom-fields/

  • 「Smart Custom Fields > 新規追加」から、タイトルを入力。
    「フィールド追加」を選択します。
  • 「繰り返し」にチェックを入れると繰り返し機能が使えます。
    その際ボックス最下部の「サブフィールドを追加」から繰り返すカスタムフィールドを追加できます。
  • 「名前」欄にはカスタムフィールドを出力する際のキーを入力します。
    分かりやすい半角英数字の名前がよいかもめ。

簡単な動画投稿フォームの作成例

グループ名
「グループ名」=video
ひとつめ
「タイプ」=テキスト、「名前」=url
ふたつめ
「タイプ」=テキスト、「名前」=title
みっつめ
「タイプ」=テキストエリア、「名前」=description
<?php $repeat_group = SCF::get('video');
	foreach ( $repeat_group as $fields ) {
    	echo '<div class="video">';
		echo '<iframe width="320" height="240" src="' . $fields['url'] . '" frameborder="0"></iframe>';
		echo '<h2>' . $fields['title'] . '</h2>';
		echo '<div class="description">' . nl2br($fields['description']) . '</div>';
    	echo '</div>';
	}
?>

▲カスタムフィールドの内容を取得するコード。
6行目のnl2br()によりテキストエリアの改行を取得します。

作者様サイト→http://2inc.org/blog/2014/10/09/4426/

コメントを残す