animateの例文

$(function(){
	$('#headerTab a').hover(
		function(){
			$(this).stop().animate({top : '0px'},'normal','easeOutBounce');
		},
		function(){
			$(this).stop().animate({top : '-5px'},'normal','swing');
		}
	);
});

予めhover後の長さの画像をtop:-5pxで絶対配置したものを、hoverで0pxまで戻します。
{top : ‘0px’}の部分はCSSでの指定になるので、たとえば画像置換のパディングで指定していた際にはtopをpaddingTopに変更。
‘normal’が入っている第二引数には’slow”normal”fast’や’ミリ秒指定’といった速度に関する記述を入れます。
‘3000’であれば3秒かけてアニメーションが行われます。
‘easeOutBounce’や’swing’が入っている第三引数にはeasing名を入れます。
jQuery単体だと’liner’か’swing’しか選択できませんが、別途jQuery Easing Pluginを導入すれば他にも多くの動きをつけることが可能です。
導入する際にはjQueryを読み込んでいるスクリプトタグより後に記述して下さい。

詳しい種類についてはjQuery Easing – jQuery 日本語リファレンスをご覧ください。
実際に動きを見ることができるので大変参考になります |’ω’|

コメントを残す