タグクラウドのカスタマイズ

function theme_new_tag_cloud($args) {
	$myargs = array(
		'smallest' => 12, 
		'largest' => 12, 
		'unit' => 'px',
		'number' => 0,  
		'order' => 'ASC',
		'separator' => ''
	);
	return $myargs;
}
add_filter('widget_tag_cloud_args', 'theme_new_tag_cloud');

上記コードをfunction.phpへ追加、すでにある場合は編集します。
それぞれのパラメータは下記の通りです。

  • smallest → 最小サイズ
  • largest → 最大サイズ
  • unit → フォントサイズの単位
  • number → 表示数(0で無制限)
  • order → 並び順
  • separator → タグとタグの繋ぎ目

詳細はテンプレートタグ/wp tag cloud – WordPress Codex 日本語版にてご確認ください。

ウィンドウサイズの取得と判定と処理

$(window).resize(function(){
    if ( $(window).width() <= 768) {
        $('#f-nav').css('text-align','left');
    } else {
        $('#f-nav').css('text-align','center');
    }
});

ウィンドウがリサイズされた時にウィンドウサイズを取得し、768px以下だった場合の処理と、条件に当てはまらなかった場合の処理。

liのdisplayをinline-blockに指定しておき、通常中央寄せ、2行になる場合左寄せにする時に使いました。
レスポンシブのサイトに幅広く利用できるかもー_( : 3 」∠)_

jQuery 特定の文字列に対しての動作

$(window).bind("load", function(){
    if(document.URL.indexOf("example.html")) {
		$('#gNav1').addClass('current');
    }
});
$(window).bind("load", function(){
    if(document.URL.match(/example/)) {
		$('#gNav1').addClass('current');
    }
});

ひとつ目がファイル名、ふたつ目がURL( ˘ω˘)
それぞれ特定の文字列が入っていた場合に”#gNav1″の要素に”current”というクラス属性を付与しています。